制御と検出の融合 ハイブリッドセンサ「リクレッサ」

会社紹介

会社概要

会社名Re-CreaSor Labo(リクレッサ・ラボ)
代表者北野幹夫
所在地〒433-8111 静岡県浜松市中区葵西4-26-14
TEL050-5873-2154
創業2019年11月1日
事業概要新しいセンサ「リクレッサ」の開発と普及

事業内容

「省エネ・広動作範囲・直線的な距離特性」という特徴を持つ新センサ「リクレッサ」を使い易く提供し、組込企業とオープンイノベーションで協業する事で、省エネ機器や新価値製品の創出を促進します。特に地球温暖化防止にも貢献する機器の省エネ化を、重点的に促進してまいります。

・リクレッサの応用技術開発
 新センサ「リクレッサ」の特徴を生かした応用例を、完成品に近いレベルで評価可能なシステム開発を行い、リクレッサの組込を検討し易い評価用システムとして提供してまいります。

・評価用モジュールの提供
 初期検討段階でも素早く評価出来る様に、評価用基板モジュールを提供します。

・リクレッサ特許ライセンス提供
 あらゆる企業がリクレッサ技術を利用出来る様に、リクレッサ特許(特許第6749717号)をライセンス提供します。

・機器の省エネ化促進
 機器に応じた提案を通して、リクレッサ組込による機器の省エネ化を促進し、地球温暖化防止へ貢献してまいります。

代表者略歴

1958年石川県金沢市生まれ
1983年金沢工業大学大学院修士課程修了 工学修士
(奥村研究室にて移動無線電波伝搬を研究)
1983年ヤマハ株式会社入社後、ほぼ一貫して音響及び映像機器の製品開発を担当
(オーディオアンプ、音場再生機、プロジェクタ等)
2018年ヤマハ株式会社を定年退職
2019年リクレッサ・ラボ創業