センサに制御を融合 ハイブリッドセンサ「リクレッサ」
 

技術紹介

 リクレッサ・ラボは、光電センサの様な送信と受信を持つセンサにセンサ制御回路を追加する事で、送信側で検出する「リクレッサ」を開発しました(特許第6749717号)。

 「リクレッサ」は原理的な内容のため応用範囲は広いのですが、ここでは光電センサへの応用を想定して、リクレッサの動作・効果・応用について紹介いたします。

動作

 リクレッサでは、送信と受信の動作がセンサと正反対になります。

センサ:受信側で検出、送信量固定

 センサでは送信側が検出の基準のため送信量が固定され、送受信間の状態を受信側で検出します(受信量は、未検出時多く検出時は少ない)。

 (送受信間が遠い等)使用する最悪条件でも受信出来る大きな送信量が必要な為、未検出時でもエネルギーを多く消費します。

センサではいつでも送信量大.jpp
センサではいつでも送信量大

リクレッサ:送信側で検出、送信量可変

 リクレッサでは受信側が検出の基準のため受信量が固定され、センサ制御回路の働きで送受信間の状態に応じて送信量が変化し、送信側で検出します(送信量は、未検出時は必要最小限で検出時は多い)。

 リクレッサでは未検出時の送信量がセンサより少ない為、省エネセンサと言えます。

省エネセンサ「リクレッサ」1.jpg
「リクレッサ」は省エネセンサ

(実測データと解説)

 リクレッサをより深く理解いただく為に、試作品の実測データと解説記事のページ(実測データと解説)を用意しましたので、参考にして下さい。

効果

 光電センサにリクレッサを応用した場合、主に以下の効果が有ります。

1. 長寿命化

 未検出状態(待機状態)での送信量が少ない為、光電センサの送信素子(LED等)の光量低下要因の発光量・発熱量が減り、送信素子が長寿命化します。

2. 設置調整容易化

 リクレッサでは受信量が変化しない様に送信量が自動的に変化するので、従来センサで設置時に必要だった送信量の手動調整は不要です。

 送・受信の光軸合わせも電流値を確認しながら微調整出来るので調整が容易です。

3. 電池でも長時間動作

 未検出状態(待機状態)では送信駆動電流が少ない為、電池動作時間がセンサより長くなります。

※ 電源電流でも検出可能

 電源電流は送信電流の割合が多い為、電源電流で検出する事も可能です。(電源回路の過度電流等で問題が無いか確認が必要です)

応用

 現時点では、以下の応用を想定しています。

有線機器

 光電センサは工場や流通倉庫での物の通過検出、防犯や自動ドア等での人の通過検出、券売機やコピー機での紙の通過検出等、産業用途で広く利用されています。

 これらの光電センサ及びその応用製品の長寿命化や設置性改善に応用出来ます。

無線機器

 電池で動作する光電センサ組込み機器の動作時間を長くしたり、同じ動作時間で無線通信機能を追加する応用が考えられます。又、商用電源で動作する光電センサ組込機器を、電池動作化したり無線通信機能を追加する応用も考えられます。

 リクレッサにより、無線機器の実現範囲が広がります。

お問合せ

 「リクレッサ」について更に詳しく知りたい方は、こちらよりお問合せ下さい。